留学のときにホームステイをすると英語が上達します

留学では自分で家を見つけて一人か複数で住む場合とホームステイをするという場合があります。ホームステイのいいところは、英語に親しむ時間が長いということです。留学ではまわりが外国の人ばかりなので、英語を使わなければ自分の意志を伝えることができません。英語を使う時間が長ければ長いほど英語が上達しやすいのです。人の家に住まわせてもらう場合は、一日中英語を使う事になります。そして人の家に住まわせてもらうのですから、英語で自分の考えやいろいろな話をする必要が出てきます。そこで伝えようと英語を身につける努力をするのです。そしてこの他にもいいところがあります。それは食事を用意してくれるというところです。必要ないときは、必要ないと言えば外食することも出来ます。自宅で一緒に食べるときは、その国の食生活についても知ることができますので貴重な経験です。そしていろいろな家庭がありますので、ホームステイ先を決めるときに自分の要望を言えば聞き入れてもらうことができます。自分だでなく、他の国からの留学生を受けいれている場合もありますので、いろいろな国の友達を作ることもできます。しかし人の家に住まわせてもらうのですから、その家のルールを守ることが大切です。

ホームステイ留学をする魅力について

ホームステイ留学とは、海外の学校が備え付けている学生寮などに滞在しながら海外の学校に通うのではなく、現地で生活をしている外国人家族(ホストファミリー)の家に滞在しながら海外の学校に通うものです。ホームステイしながら海外の学校に通う事には沢山のメリットがあります。まず第一に実際に現地で生活をしているホストファミリーと生活を共にする事により、より密な異文化体験が出来るという点です。ホストファミリーの家には家族の一員として迎えられ、寝食を共にする事になります。共に生活をする中で、異文化の習慣をリアルに体験する事が出来るのです。第二のメリットは、語学の上達が期待できるという点です。学生寮に入って生活をすると、一人の時間や同じ国から来た留学生と接する時間がどうしても多くなってしまい、現地の言語を話す機会がホームステイするより少なくなってしまいます。語学を上達させるにはとにかく沢山現地語を使用するのが一番であり、この点ホストファミリーの家で生活をすると語学を使用する機会が多くなるので語学の上達が期待できるのです。第三のメリットはホストファミリーとの絆の構築です。一定期間の間寝食を共にする事により構築される交友関係は一生の財産になるでしょう。