ホームステイを利用した留学について

近年、社会のグローバル化が進み国際的に活躍できる人材が求められている。実際に多くの日本企業も海外に進出している。このような社会的な背景から、海外の大学などに留学して本格的に語学や文化を学びたいと考える人も増えている。しかし、実際に留学するには様々な課題がある。特に費用面の負担が大きい。学費の他に住居費も必要である。海外で勉強したいという意志が強くても、費用の面で断念せざるを得ないケースは多い。そこで、より費用を抑えて留学をするには「ホームステイ」と呼ばれる制度を利用するのがお勧めである。ホームステイとは、海外に生活する際に学生寮やアパート、マンションといった施設を借りるのではなく、現地の一般家庭の方と一緒に生活をすることである。受け入れ先の一般家庭のことを「ホストファミリー」と呼ぶ。ホームステイには次のようなメリットがある。1つ目は、個人でアパートなどを借りるよりも住居費が抑えられる。ホストファミリーの意向によって、無料に近い滞在費でかまわないというケースもある。2つ目は、ホストファミリーの一員となって一緒に生活をするので、文化の違いをより身近に学習することが出来る。学校では習えないような風習をホストファミリーの方から学ぶことが出来る。

初めての留学でホームステイ

オーストラリア留学をお考えの方であれば、ホームステイを利用されてみてはいかがでしょうか。ただ留学し、語学学校に行くよりも、その国のリアルな暮らしぶりを実体験することができますし、なによりホームステイ先の家族と、親密になれ、沢山コミュニケーションできるのが魅力です。しかし、必ず、事前に、メールなどで、連絡を取り合い、日本の手土産を持っていくことがいいでしょう、とても喜ばれますし、また話の話題にもなります。日本から持参する手土産で、人気であるのは、お箸、扇子、折り紙、緑茶などです。この中でも特に喜ばれるのは、意外にも折り紙なんだそうです。紙をはさみや、のりなどで、切ったり貼ったりすることなく様々な形にできる折り紙は、とても珍しいという事です。ですので、持参されて、鶴などを折ってあげるととても喜ばれるでしょう。また、緑茶も人気が高く、海外ではとても高値で取引をされているので、持っていくと、重宝されますね。初めての留学でホームステイはとても緊張するかもしれませんが、用意周到な準備をすることで、スムーズに物事がすすみ、また沢山の事を学ぶ事ができるでしょう。一度この機会にお試しになってみてはいかがでしょうか。